敏感肌の化粧品の画像

敏感肌でお悩みの方へ…
おすすめの人気スキンケア商品…化粧品/化粧水をランキングでご紹介します。

すでに使用された方のクチコミやレビュー、モニター調査、売れ筋情報やリピート率などのデータで調査の結果をランキングしています。

「この頃、肌が荒れてヒリヒリしだしたの!…えっ!これって、敏感肌なの?!」 「化粧水がしみたり、髪の毛がふれるとかゆくなったりするのも敏感肌ですか?!」…では、敏感肌の私にはどんなスキンケアが必要ですか?    オススメの敏感肌のスキンケア商品…化粧品・化粧水はどれですか?!

敏感肌でお悩みの方のこんなご相談にお応えするために…安心・安全で効果が実感できるスキンケア商品を調べてみました!

ここ最近、特に、敏感肌で悩む方が増えてきているといいます。

化粧水をつけると沁みたり、含有されているわずかなアルコールで皮膚が赤くなってかぶれる。…髪の毛がわずかに触れただけで顔の皮膚がかゆくなる。…、日光にあったたり、花粉がついたりすると顔の皮膚がかゆくなって、肌が荒れてくる…。

これらはみんな、敏感肌の症状ですね。

また、今までどうもなかった化粧品が、ある突然合わなくなって、肌がヒリヒリしだして赤みを帯びてきだした…。

こんな方も、今までの肌質が変化して過敏になり、いわゆる「敏感肌」になってしまった…可能性があります。

この敏感肌は、最近特に増えてきているといわれ、たくさんの方が悩んでおられます。

ヤフーの悩み相談、知恵袋にもこんな投稿があってました。

敏感・乾燥肌のスキンケアについてアドバイス下さい!
私はもうすぐ23歳になります。
昔は普通の乾燥肌で、割と肌は強かったのですが、つい最近は今までの化粧品を使うと(ある大手メーカーの化粧品)突然部分的に赤くなり痒みも出るように…(;;涙)
yahoo知恵袋

本当に、涙がでてくるほど深刻ですよね。

でも、泣いてばかりはいられません。

健康でうるおいのある肌をとりもどすためには、敏感肌についてよく知ることからスタートしましょう。

そもそも、敏感肌とは…?

敏感肌とは水分と油分の両者が少なくなっている状態で、肌が乾燥することで敏感な状態になってしまう肌のことを指します。

肌は乾燥や強い紫外線から自分自身を守るために適度に水分を保ち、それを蒸発しないように皮脂が分泌して保護します。

これが敏感肌になると常に水分や油分が不足してしまい、乾燥している状態になります。

予想以上に乾燥してしまったり、何らかの刺激で肌トラブルを起こしてしまうことが敏感肌の正体です。

また肌の潤いは皮脂や天然の保湿因子、細胞間脂質といった保湿因子によって一定に保たれていますが、これらの因子が紫外線や乾燥などの刺激を受けることで、肌の細胞は保湿因子を生成することが難しくなってしまいますが、この状態が敏感肌の正体です。

保湿因子が少なくなってしまうと肌が乾燥してしまい、肌の表面が敏感になった状態が敏感肌の正体になります。

敏感肌は医学的な肌のタイプや種類ではなく、厳密に言えば乾燥が深刻になっている状態のことになります。

敏感肌のトラブルの特長

敏感肌のトラブルの特長としては、まずは様々な肌悩みが同時に発生しやすいと言う点が挙げられます。

肌のバリア機能が低下すれば、紫外線ダメージに対しても敏感になりますし、気温の変化、化粧品などの刺激などに対しても敏感になってしまいます。

すると肌のたるみやシミ、シワ、乾燥と言った、これらのダメージや変化、刺激を原因として発生し得る肌トラブルに同時に見舞われることが多くなってしまうと言う具合です。

それからもうひとつの特長としては、それぞれのトラブルがなかなか改善しないと言う点が挙げられます。

そうしたトラブルに対して有効性が確認されている成分などをスキンケアで使用しても、一向に状態が良くならないと言う具合です。

肌トラブルの改善には、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが正しい周期で行われていることが必要不可欠です。ですが敏感肌は、バリア機能が低下してしまっているが故に、ターンオーバーが正しい周期で行われにくくなっています。

そのため肌悩みがいつまで経っても改善されにくい傾向にあると言えます。

肌トラブルが改善されにくく、しかもそれらが起こりやすい状態にあると言うのが敏感肌です。

よって肌トラブルを未然に防ぐことに重きを置きつつ、同時に敏感肌の状態を少しでも改善することが必要です。

敏感肌の原因

この敏感肌の原因には、いくつかあります。

生まれながらの体質によるもの、アレルギー体質によるものもあります。

そして、よく言われているのが、乾燥性敏感肌です。

肌に潤いがなくて乾燥し、バリア機能が低下して、外からの刺激に敏感になり、いろいろな症状が現れます。

ひとことで言えば、敏感肌は角質層のバリア機能が低下した肌ということです。

とくに、季節の変わり目や月経前後、または体調によって皮膚の機能が弱まった時に肌のトラブルが現れます。

この敏感肌は、肌の乾燥がきっかけではじまります。

体質的に肌がデリケートで、刺激に敏感なヒト、生まれつき皮膚の水分を保持するチカラが弱くて、皮脂も充分でなくて乾燥しやすいヒト…こういうヒトは、外からの刺激に大変弱く、普通の人には刺激にならないようなものにも反応してしまいます。

でも、このように体質的に過敏なヒトは少なくて、多くは間違ったスキンケアによって肌を乾燥させ、その結果、敏感肌を招いてしまっているといえます。

ヒトは年齢とともに、皮膚の水分や表皮の皮脂の量は減少してきます。

それに気が付かずに、若いころからずっと同じ化粧品や化粧水を使い続けていると、水分の量や油分の量が不足しがちになり、乾燥した肌になります。

敏感肌の原因その2…スキンケアの仕方と生活習慣

敏感肌の原因は一つの事柄ではなく、複合的な理由が絡み合っているケースが多く見られます。

敏感肌の特徴は最初からい皮膚が弱いケースもありますが、成長過程で弱くなる人が多く見受けられます。

生まれつき皮膚が弱いとか、アレルギーで子供の頃から弱い人もいますが、日本人の多くは生活習慣などが、肌を敏感にさせていることがあるのです。


敏感肌の原因のなかで、もう一つ見逃せないのが、女性が毎日頑張ってる、スキンケアの仕方が問題のあるケースです。

お肌を良い状態にさせるためにするスキンケアですが、それがやってはいけないNGのお手入れ方法になっている可能性があるということです。


仕事から帰宅をしたらお化粧を落としますが、クレンジングに時間をかけすぎたり、さらにダブル洗顔の時にも、時間を長くかけすぎるのは皮膚への負担になります。

クレンジング剤はメイクの油分を落としますが、皮膚にはかなり強い成分ですので、シートタイプで強くこする行為も皮膚を弱くさせます。


洗顔料を使うときにあまり泡立てないで、そのまま顔につけて洗うのも良くはありません。

洗顔をしたあとの保湿で、強い力を込めて叩くケアはもってのほかです。

皮膚への刺激が強すぎるマッサージで、何もつけないままフェイスマッサージをするのも、肌への摩擦があるので敏感な皮膚に変えてしまいます。


敏感肌の原因として現代人に多いのが、ライフスタイルの乱れが引き金になっているパターンです。

現代の人間の生活や働き方は、とても多種多様な時代を迎えています。

時間の流れははやい上に、生活はそれぞれが全く異なります。

その中で特にライフスタイルが大きく乱れると、それは皮膚を弱くさせることにもなります。

夜ふかしの習慣があたりまえになったり、もはや昼と夜の生活が逆転をしているのは以ての外です。


睡眠不足が続くことで、皮膚を順調に修繕することができなくなりますし、成長ホルモンも十分に分泌ができなくなります。

敏感肌になるのは、こうした生活の乱れが、すごく大きい影響になっています。

忙しいのは現代の風潮でもありますが、深夜の睡眠は肌のみではなく、メンタル面や健康にも影響をもたらしますので、忙しい中でも睡眠をとることは大事です。


敏感肌になる原因には過剰なストレスもありますので、溜め込まないうちに発散をすることは大事です。

コメディ映画をたくさん見て大笑いをするとか、生活に笑いを取り入れるのは良い発散方法になります。

敏感肌の改善のために必要なスキンケア

敏感肌の方の場合、洗顔の後や化粧水をつけた後などにひりひりしたり、赤くなってしまったりすることがあるものです。

そんな敏感肌もスキンケアに注意することによって改善することができるのです。


では、敏感肌を改善するために必要なスキンケアとはどのようなものでしょうか。

まず、敏感肌になってしまう原因として、お肌の乾燥によるバリア機能の低下という点が挙げられます。

普通、私たちのお肌は、外部の刺激から大切なお肌を守るためにバリア機能が働くようになっています。

ところが、皮脂や水分の減少によってお肌が乾燥してしまうと、肝心のバリア機能が低下し敏感肌になってしまうのです。


敏感肌の改善には、徹底した保湿ケアが必要です!

敏感肌というのは、肌に水分と油分がとてもすくない状態で、乾燥してしまっているため、外部からの刺激儲けやすい肌です。

皮膚の表面には、誰にもバリア機能というものがあります。

健康な状態であれば、外からの刺激からも、肌を守る機能が効果的に働きます。

しかし敏感肌は、油分も水分も少ないために、乾燥してしまってバリア機能が低下している状態です。

外部刺激を、とても受けやすい状態にあります。

そこで必要なのが、徹底した保湿です。

水分量も大幅に下回っているですから、しっかりと保湿のお手入れをしてあげることが、とても大切になります。

オイルだけでベタベタな肌にはしないで、化粧水などの保湿できるスキンケアを、丁寧に行うのがコツです。


肌の潤いを保つために大きな役割を担っているのが、皮膚の一番上の層にある角層です。

角層には、角質細胞が層になって存在しています。

角質細胞同士は、セラミドなどの角質細胞間脂質によって繋ぎ合わせられ、角層内の水分量を保持しています。

また、角層にはバリア機能としての役割もあり、外部の刺激が肌の内部に入ってこないように保護したり、角層内の水分が蒸発するのを防ぐ働きもあります。

敏感肌の角層では、水分保持力のある角質細胞間脂質が少なく、角質細胞が不揃いに存在しています。

すると、隙間が多くなるので水分が蒸発しやすく、バリア機能も低下します。

このため、敏感肌は健康な角層を育てることを目的としたスキンケアが必要です。


クレンジング料は健康な肌にとっても負担がかかるため、敏感肌の場合は特に注意が必要です。

オイルやリキッドタイプは洗浄力が強く、乾燥をまねきます。

肌に優しいのはミルククレンジングかクリームタイプです。

洗顔料は必要な皮脂まで取り除かないような肌に優しいタイプを選ぶと良いでしょう。

クレイタイプは毛穴の汚れをきれいに取り除くうえ、使用感がマイルドなのでおすすめです。

敏感肌の保湿ケアには、シンプルな成分配合の化粧水を選び、過剰につけない!

敏感になった肌の状態を改善するために欠かせないスキンケアの一つが、良い化粧水を選んで保湿ケアを行なうことです。

乾燥肌の改善に役立つ化粧水とはどのようなものでしょうか。

一般的に言って、高保湿成分として知られているセラミドがしっかり配合されている化粧水を選ぶということです。

セラミドは、たいへん高保湿の成分であるため、乾燥したお肌に潤いを与えることができる成分となっています。

さらに、できるだけ刺激になりそうな成分が少ないものを選ぶことでしょう。

特に、敏感肌の方の場合、香料やアルコールなどが多く配合されていると、お肌が反応してひりひりすることがあるものです。

成分表をしっかり確認して、これらお肌に刺激を与える成分ができるだけ少ないものを選ぶようにしましょう。


つまり、敏感肌の方が保湿ケアに使いたいのは、できる限りシンプルな成分を配合している化粧水ということです。

皮膚というのは、複雑過ぎる化学構造には、受け入れる前に反応してしまう特徴があるためです。

敏感に反応してしまうというのは、配合成分によって、肌に赤みが出たり、かぶれたりするということです。


敏感肌のタイプは、過剰にたくさんの化粧水や化粧品を、肌に取り入れないほうが無難です。

健康な肌よりも、ずっと敏感であるために、たくさんの化粧品を使用することで、刺激のあるタイプも使ってしまう可能性があるためです。

強い肌なら何もなくても、敏感肌だからこそ肌トラブルになったりすることも考えられます。

ですので、敏感肌の方が化粧水を選ぶときのポイントは、シンプルで保湿重視なものです。

角質を除去するピーリングできる化粧水は、選ぶのは控えたほうが良いでしょう。

ピーリングは古い角質を取り除くので、一時的に肌がツルツルしますが、それは健康な強い肌向けの商品です。

敏感な素肌には、刺激が強すぎます。

オススメの使用法は、適量を順序正しく…!

おすすめの使用方法としては、適量を正しい順序で使うということです。

保湿タイプの化粧水を使って、優しいお手入れをしてあげましょう。

化粧水でも、ホワイトニングタイプは、肌にとって刺激が強い可能性があります。

化粧水を使うときには、手を清潔に洗ってから、手で全体に丁寧に浸透させます。

コットンだと、つい肌に刺激を与えるので、手を使い、優しく水分を浸透させてあげましょう。

手の体温で少し温めて、肌につけてあげても構いません。

敏感を改善するために、たくさんの化粧水やクリームを使うよりも、丁寧でシンプルなケアが効果的です。


こうして化粧水を使った後は保湿効果の高い成分を含む化粧品でお手入れすると良いでしょう。

やはりセラミドが配合された美容液を使うことが勧められています。

この時にも、手の平で軽く温めてつけるようにするなら、お肌によく馴染み、保湿を助けることができるでしょう。

肌が保湿できるようになると、乾燥しにくくなり、バリア機能も高くなるため、健康な角層に整ってきます。

すると、外部の刺激にも敏感に反応しなくなるので、肌トラブルが発生するリスクが少なくなります。

敏感肌のための化粧品の特徴

乾燥にくすみ、シワやシミなど様々な肌の悩みは尽きないものです。

そんな敏感肌の悩みや肌トラブルを少しずつでも改善するためには、毎日のスキンケアが大切になってきます。

多くの人がスキンケアで使っているのが化粧水や乳液、クリームです。

このアイテムだけでも十分にケアは出来ますが、肌をより大切にするためには敏感肌を守る美容液を加えます。

また化粧水と美容液の違いとして、化粧水よりも美容液の方が高価です。

肌には良いということが分かっていても、値段のことを考えると使っていない人も多いです。

そこでまずは化粧水と美容液の役割や違いを知って、毎日のスキンケアに役立てることがポイントです。


敏感肌の化粧水はお手頃なものから高価なものまで、様々な種類があります。

入っている成分の違いで、効果も違ってきます。

敏感肌の化粧品は肌の水分や栄養を補給する役割があり、名前の通り水で出来ています。

その中にはエタノールやグルセリンなどの保湿成分がプラスされ、化粧水が作られています。

化粧水の種類によってはヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分が入っていたり、アミノ酸やビタミンなどの成分が配合されています。

ヒアルロン酸やコラーゲンは水分の蒸発を抑えてくれたり、アミノ酸とビタミンは肌に栄養を補給してくれます。

肌は洗顔をすると皮脂や汚れと共に必要な成分を同時に落としてしまうことがあるので、そのままにしていると乾燥してしまいます。

その乾燥を防いでくれるのが、化粧水の役割です。

また保湿の効果だけでなく、肌を柔らかくして整える効果を得ることが出来ます。

この効果によって肌の水分や油分のバランスが整い、肌のきめが改善されます。

次に使うスキンケア用品の効果を高め、肌の悩みを改善します。

肌の悩みに合わせて成分が配合されていて、自分自身の敏感肌の悩みを改善してくれる製品を選ぶことが出来ます。


敏感肌の化粧品である美容液の役割は化粧水と違い、高濃度で化粧品のなかでも保湿力があります。

美容液は化粧水よりもさらに成分が濃く配合されているので、保湿力が高いのが特徴的です。

そのため保湿効果だけでなく、乾燥が原因のたるみやシワなどをピンポイントで改善することが出来ます。

保湿や肌を整える役割がある化粧水に比べて、美容液には様々な成分が含まれています。肌を明るくしたり、シミやシワなどを改善してくれる成分が入っています。

ただの保湿ではなく様々な成分を配合することで、肌をワンランクアップさせることが出来るのです。

油分は含まれておらずベタつきを気にすることなく使うことが出来るので、皮脂が多い人でもしっとりとした使い心地があるのが特徴的です。

敏感肌の化粧品選びのポイント

敏感肌に共通しているのは、原因が何であれ乾燥です。

ですので、敏感肌の化粧品選びは保湿がポイントになります。

代表的な保湿成分には、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、リピジュアなどがあります。

肌のバリア機能が低下するとコラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまうので、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されているものを選びましょう。

そして、保湿成分がたくさん配合されている事と同時に、界面活性剤の使用量が少ない事です。

敏感肌は定義がないものの、一般的には「化粧品にかぶれやすい」「外的環境によって肌の状態が変化しやすい」など、肌トラブルが起こりやすい肌質を指します。

敏感肌の人はちょっとした刺激にも敏感に反応してしまうので通常の人が使用して問題がないスキンケア用品でも、ヒリヒリしたりかゆみが出てしまう事があります。

もともとアレルギー体質であると肌が敏感に反応してしまう傾向はありますが、肌に合わない化粧品を使っていたり、間違ったスキンケア方法によって、敏感肌に傾いてしまうこともあります。

そのため肌への刺激が少ない肌に優しいスキンケア用品を選ぶようにしましょう。

自然派化粧品は無添加なので肌に優しいスキンケア用品です。

また普段は配合成分の化学構造なんて気にしないと思いますが実は化学構造が複雑だと敏感肌にとっては刺激になります。

なので配合成分は化学構造がシンプルなものを選びましょう。

せっかくスキンケア用品が肌に優しいものを選んでもメイク用品が肌に刺激を与えてしまっては意味がありません。

敏感肌に優しいパウダータイプや保湿成分が配合されているファンデーションなどメイク用品も肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

では、実際にどの化粧品/化粧水を選んだらいいのでしょうか?!

これまで、敏感肌の原因とケアについて、また、ケア用品の選び方について述べてきました。

「よくわかりました!でも、私、とても忙しいくて…!そんな余裕なんかありません!」「細かいチェックは苦手…!」という声が、チラチラ聞こえてきそうです。

そこで、そのような方のために、当サイトが独自に調べてみました。

参考になるのが、同じような敏感肌の方がすでに使ってみた商品の実感、口コミ、レビューなどや、モニター調査の回答、リピート率、販売数・売れ筋などのデータです。

敏感肌の方におすすめの化粧品/化粧水を、ランキングで紹介します。

敏感肌スキンケア  化粧品/化粧水  おすすめ  人気ランキング

敏感肌スキンケアで注意する点は?

敏感肌の方はスキンケアやメイクなどあらゆる点で気が抜けないので注意することがたくさんあります。

少しでも悪化させてしまうと、刺激を感じたり、最悪の場合は赤くなったりヒリヒリする肌荒れになったりしてしまいます。

そもそも敏感肌の原因は、肌の表面のバリア役の部分が弱くなったり機能しなくなってしまっていることが原因です。

肌の表面は皮脂や潤いによって外からの刺激から守るバリアが形成されています。

これによって紫外線から守ってくれたり、ほこりや摩擦のダメージを抑えています。

それだけではなく、肌の潤い分を蒸発させないようにガードする役目も担っています。

肌が正常に新陳代謝を繰り返し、新しい細胞が誕生、古い汚れを含んだ細胞が排出されるためには、この肌の代謝機能が活発に働いている必要があります。

これには肌に一定の水分がないと機能しませんので、敏感肌になってしまうと肌水分がどんどん蒸発してしまうので機能も落ちてしまって、さらに敏感になるの悪循環になってしまいます。

そのため、敏感肌の方のスキンケアではとにかく潤いをたっぷりとチャージすることが注意点なのです。

しかし、ただ化粧水をたっぷりと使えばいいわけではありません。

肌の細胞に潤いを届けなくては意味がありませんので、しっかりと肌の奥まで浸透させるスキンケアをしなくてはなりません。

そのためにはじっくりとハンドプレスして奥へ押し込むようにスキンケアしたり、浸透力の高い分子の小さな成分に注目して化粧品を選んだりすることが大切です。

敏感肌は肌が弱っていますので、健康な肌なら問題がないような小さな刺激でもダメージにつながってしまいます。

そのため、ケア用品を手ではたくように使ってしまったり、強く擦るように塗ってしまうのも肌にはストレスです。

注意点の1つとして、肌に負担がないように優しく押し込むようにスキンケアすることが大切なのです。

その後には潤いが蒸発しやすい状態になっているので、すぐに肌のバリア代わりの保湿剤を使いましょう。

肌のバリア機能が復活するまでは、その代わりとしてガードしてくれる保湿が長時間キープできるケア用品を使うと、一日中バリア役をしてくれるので肌を守れます。

敏感肌は保水、保湿を入念に行うことと、肌のバリア役が弱まって裸状態になっているので刺激に注意をすることをしっかりと頭に入れておきましょう。

これを続けることで徐々に肌自身の機能が戻ってきます。


.

■ランキング…について■

掲載しているランキングは、当サイトの独自の調査の結果ですので、ご了承ください。


敏感肌の方の悩みはとても深いものがあります。

とりわけ、ひと目につきやすい顔の肌ですと、いっそう気を使います。

でも、必ず改善させることができます。

自分の今の肌に合った化粧品や化粧水をえらび、こまめにケアすることが、改善への最短の道です。


このサイトが、そのための一助となれればこのうえもありません。


おすすめサイト⇒http://xn--40-df3c52n9mc775h.xyz/


このページの先頭へ